アクア

5年落ちのトヨタアクアを高く売れるのか?ハイブリットカーは強気の交渉で売るのが正解!

5年落ちのトヨタアクアを高く売れるの?

未だ人気のハイブリッドカー【トヨタ・アクア】ですが、初期の発売からみると2011年に発売され6年が経過しています。

中古車市場でも引く手あまたのトヨタアクアをより高く買い取りしてもらうには2つの有効な方法があります。

  1. 地域に密着した一括査定専門店での査定
  2. 全国を対象に大量の業者を競らせて高価買取金額を狙う

以上2つの方法が全国的に人気の高いアクアを売るのに適した方法だと言えます。

一般的な車を手放す場合大きな値段の切り替わりの節目が5年めと言われれいます。

アクアは5年落ちモデルでも十分査定額が出ることが期待できますので、無料のインターネット査定などを利用して確認してみてください。

では現在でも人気のトヨタアクアの5年落ちモデルではどのくらいの下取り価格がつくのか、人気モデルやグレードから調べてみましたので、ご参考にして下さい。

スポンサー検索

トヨタアクア初期モデルスペックと販売価格

 

初代アクアは2011年12月に発売され、ビッツよりも少し大きめな車体とスタイリッシュなボディが魅力に1つです。

小型軽量な車体がもたらすキビキビした走りは発売から5年以上がたった今でも現役の性能を発揮しています。

エンジンは1500CCハイブリットシステムを搭載し、燃費は実に35,4km/Lを実現しています。
しかし実燃費というところでは1500CCのエンジンではどうしても信号待ちなどからのスタートで大きくアクセルを踏み込まないと加速がいまいちな点があり、ここが実燃費を下げる原因でもあり実際は20km/Lが平均くらいのようです。

現在でもまだまだ多く走行しているモデルですが、その分中古でも人気があり走行距離や、色などによって値段の幅はありますが買取価格が高く期待できる車種になっています。

スポンサー検索

2011年モデル アクアの中古人気グレード

アクアには主に三種類のグレード存在して、最上級のG 中間のS エントリーモデルのL

となっており、価格も169万円〜185万円とそう大きく価格が離れた車ではありませんでした。

色やオプションについては2011年アクアに関しては大きな差はなく総じて色は日本人の好きな白と黒が相変わらずの人気で、可愛らしい外観から明るめのポップな色もアクアには人気色として販売価格が期待できそうです。

日本社の多くは原色と言われるような色を避ける傾向にありますが、これは車種による差が大きく

アクアのようなモデルは若いドライバーにも人気となっているので派手な色でも兆個買取価格が格段に落ちるということはなさそうです。

スポンサー検索

ハイブリッドカーのバッテリー寿命は大丈夫なのか?

よく聞く噂でハイブリットカーのバッテリーがダメになると50万円近く交換費用がかかる!なんて言われていた時がありますが、年数が経過したハイブリットカーの下取り価格に不安が出てきてしまう大きな要因でしょう。

実際のアクアクラスの駆動用バッテリー(エンジンを指導させるバッテリーは別に有り、2.5万円〜3万円程度)は15万円〜20万円が交換相場とされています。

これだけみると高い!と感じるところですがこの駆動用バッテリーはハイブリットカーの心臓部でありこれがないとただの普通の車です。

しかしトヨタ公式の説明によりますと、駆動バッテリーの寿命は15万〜20万キロとされており、普通に家庭で使うレベルではバッテリーが駄目だから交換しなくては、、、となることはかなり稀でしょう。

注意したいのは営業車などでハイブリットカーを使うと言った場合くらいでしょうか。

保証期間は5年または10万キロとなっていますので、保証が切れる前にアクアを売りたいと考えているなら、この5年という期間はいい節目になるところですね。

トヨタ公式 ハイブリットバッテリーの保証期間

スポンサー検索

初年度登録のアクアを上手に売るまとめ

アクアは現在でも幅広い層に人気の車種であるため、初年度登録だからといって買取価格が大きく下がったりすることは無いようです。

グレードにしても人気不人気の差が少なく、差が出るポイントとしてはやはりバッテリーの保証期間が切れる5年、10万キロ走行が見えてきだした頃でしょうか。

ここを境に買取価格は下がる可能性が高いので、現在初期モデルアクアに載っていて買い替えや売却を検討しているのであれば、保証期間は過ぎていますが、まだ走行距離が少ないうちの売却であれば査定額の下がりを最低限に抑えるっことが可能です。

近くの買取店やインターネットを利用した無料査定などであなたの愛車を一度どのくらいで買い取ってくれるのか調べるのも良い方法です。

ただ、ディーラーなどに持ち込んで査定してもらっても、ディーラーは新車を売るのが本業なので中古車の下取り価格に関しては全くと言っていいほど値段をつけませんのでお気をつけ下さい。

仮に新車を買う前提でも数万円上がるかどうかなので、どうしてもディーラーで下だってもらいたい場合などは次の記事を参考にして下さい。

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。