アルファード

新型アルファードの価格は高すぎる?家族で使いたい狙い目モデルはこの1台!

この記事では新型アルファードのユーザー別オススメグレードを紹介していきます!

グレードが非常に多いアルファードですから「どれを選べばいいかわからない!」

っといった声がとっても多いんですよね。

アルファードのオススメはグレードは【エアロボディ・HYBRID SR】

 

高級ミニバンでありながらファミリーカーとしても人気の高いアルファードは皆どのグレードを選んでいるのか!?

全17グレードもあるアルファードの中でどうして
【エアロボディ・HYBRID SR】が1番オススメのグレードとして選んだのか各章で見ていきましょう!

スポンサー検索

新型アルファードのグレード別価格表

アルファードには全17グレードあり値段も1番安いグレードと最上級グレードでは300万円以上価格差があるのでその中から自分の使いみちにあった1台を選ぶのは一苦労ですね。。。

アルファード標準ボディ価格一覧

価格を抑えてアルファードに乗りたいなら標準ボディの価格帯はエントリーモデルなら330万円台から選ぶことが出来ます

でもあまりオススメはできませんね・・

アルファードの売りである【高級感のあるミニバン】があまり感じられないんです

口コミでもアルファードを購入したユーザーは高級感のある内装と走りを求めている人が多く、それを必要としない人はワンランク下のミニバンを選ぶ傾向が強いです

アルファード価格表画像

一番安いモデルの【X】でもアルファードには違いない!、、、っと思いましたがやっぱり価格相応なんですよね

高級志向が強いアルファードなのにその基本装備が

  • 16インチアルミホイール
  • チープさがある車内装備
  • スマートエントリーが装備されていない
  • シートが並の車と同じ布地(ファブリック)

これだけの理由かもしれませんがアルファードに限ってはコレがグレードを選ぶ時の重要なポイントです!

安いとはいえ330万円の高級ミニバンを買うのにその中身がワンランク下のミドルミニバンと変わらないような装備で満足できるのかって!?ってことです。

16インチアルミホイールはお世辞にも走行安定性がいいタイヤではありません

背の高いアルファードがカーブでフラフラしやすいのはタイヤの大きさもかなら関わってきます。

アルファードエアロボディ価格一覧

アルファードのエアロボディは標準ボディに比べ30万円ほど高い設定金額になっています

フロントバンパーの形状がより迫力のある形になっていて、後からオプションパーツを付けなくても十分見栄えのある外観をしているので高級ミニバンのアルファードを十分堪能できますよ!

アルファードエアロモデル画像エアロボディモデルは買えば30万円では収まらないようなパーツを外装に使っているのでエアロパーツをあとから付ける事をしないだけでも十分価格以上の価値のあるグレードです。

スポンサー検索

新型アルファードの各グレードと違い

アルファード標準ボディ画像

アルファードには【ガソリン車】と【ハイブリット車】のどちらかから選ぶことが出来ます

必ず迷うこの問題に終止符を打つならコスパに良さで切ってみます

ガソリン車とハイブリット車の大きな違いは

  • 価格差  約30万円
  • 燃費性能 ガソリン10.8km/L   ハイブリット車18.4km・L
  • 駆動方式 ハイブリット車は全モデル電動4WD

日常のお出かけや高速道路の使用で2.5Lモデルでも十分満足できる走りができるとオーナー口コミがほとんどです

ハイブリッド+2.5Lエンジンでエンジンパワーがさらに補助されるので
ストレス無く走ることができます

それに加えハイブリッド車は4WD駆動なので最近多い突然の大雪や道路の冠水時などでもこころ強い装備です

結果。ハイブリットモデルを選んだほうが標準装備の価格から見で断然コスパがいいモデルとなりますね!

アルファードエアロボディ画像
スポンサー検索

オプションのつけすぎには要注意!

アルファードをファミリーカーとして使う時にこのオプションがあればさらに快適で豪華なアルファードに仕上がります!

でもオプションや内装に使用によってファミリーカーとして使いづらくなってしまう装備もあるので合わせて紹介していきます

ツインムーンルーフ

アルファードツインサンルーフ画像

高級車の代名詞的な装備ですね!

アルファードは運転席からの眺めも最高ですが広くて快適な後部席にムーンルーフを付けることで車内が一段と広く明るくなるので長時間の運転で子供の気分を飽きさせない手段としても最適!

パノラミックビューモニター

アルファードパノラミックビューモニター画像

車体が長く大きなアルファードをお母さんが運転する機会も多いですよね?

女性は空間認知能力(ここでは、車の大きさを感覚として捉える力)が男性に比べ低いと言われているので

視覚的に車の大きさを把握しやすいパノラミックビューモニターは車を停めるときの不安を楽にしてくれますね!

ファミリーカーのアルファードはここに注意して!

アルファードは豪華なリヤシートが魅力的ですが家族で使う時に必要になる【チャイルドシート】の装着がしにくいモデルが多いです

アルファードアップリカチャイルドシート適合表画像

参考サイト:https://www.aprica.jp/products/childseat/

チャイルドシートの老舗アップリカの適合表ですが○はあるけど要確認の※が多いですよね?

アルファード後席画像

アルファードの後部座席にチャイルドシートが付けづらい原因がこの【キャプテンシート】です

飛行機や新幹線の高級なシートを感じさせる座り心地は最高のシートなのですが
独立した形状のシートなのでチャイルドシートが固定しづらいんです

特にチャイルドシートが回転するものや、背もたれを寝かせて使うタイプのものは
シートの肘掛けが邪魔になって装着ができないんです

実際にフル装備でアルファードを買ってからチャイルドシートが付けられないことに気づいた友人は、本来期待していた使い方が出来ないのでなくなく600万円近いアルファードを売って買い直したそうです(汗)

スポンサー検索

新型アルファードは用途で決める

新型アルファードを家族で使う事を考えた時のオススメは

【エアロボディ・HYBRID SR】

コスパ・見た目・ファミリーカーに必要な要素などを考えると
エアロボディ・HYBRID SRが納得できるアルファードのグレードということで解決です

アルファードは300万から700万とグレードの価格差が激しいですが、あなたがどんな風にアルファードを使うのかを考えることで本当に必要なグレードを見つけやすくなりましたね!

参考サイト・画像:https://toyota.jp/alphard/

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。