自動車マメ知識

1万円で乗り出せる!個人カーリースのメリット・デメリット!ライフサイクルにあった乗り換え術

スポンサー検索

月1万円で車のコストを節約して乗れる

車の維持費を安く抑えられて、チョットいい車にも無理なく乗れて人気の【カーリース】と言うものがあります。

人気のカーリースですがこんな疑問を持ったことがあるのではないですか?

  • 個人がカーリースで車を持つのって簡単に出来るの?
  • 車検や維持費がコミコミで車の維持費が安いってどんな仕組み?
  • カーリースは法人が得なだけで、個人では損するとかって聞いたことが、、、

車を【買う】のではなく【借りる】仕組みのカーリースは車を通常購入するよりも手続きや審査、日々の維持費などどのくらい金額がかかってきて、私が使ったら損しちゃうんじゃないか!?

なんていう興味はあるけど分からないから触らない!食わず嫌いになる前にコチラの記事で不安を解消出来るかもしれませんよ?

車に詳しくなくても簡単にカーリースがあなたに最適か否かがわかっちゃいますので参考にしていただければ幸いです。

当サイトオススメ個人向けで使いやすいカーリース会社の詳細は下記公式ページから確認できます!

スポンサー検索

カーリース・カーレンタルの違いは契約にある!

カーリースとは車検や点検代、各種の税金がすべて月々の支払いに一括された状態で車に乗れるシステムです。

通常自動車を購入すると1年点検、車検、車検ごとに税金、毎年の自動車税が維持費として必ず必要になり、車の重さや排気量によって様々ですが2年ごとの車検のためにお金を貯め続けなくてはいけないのはあまりいい気分ではありませんよね?

レンタル自動車はよく駅前などに店舗を構えていますが、車を乗るときにはその都度契約を交わし、使用料金を支払わなくてはいけません。

『明日どうしても車が使いたいけどレンタカーが借りられなかった、、、』
『誰が乗ったかわからない車はなんか心配。。。』

何ていうことが起こるのは目に見えています。

  • レンタカーは不特定多数が借りることができ単発仕様にむいた契約車両なのに対して
  • リース車両はアナタが好きな車種を選べ、継続的に使い続けることが出来るマイカーにより近い契約車両です。
スポンサー検索

アナタにはカーリースが必要?
個人カーリースのメリット・デメリット

カーリースのメリットとは

ランニングコストが安く出来る

新車を安く乗ることができる

月々の支払額を一定にできる

面倒な手続きが少ない

3年毎に新車に乗り継ぐ事もできる

契約満了後は車を貰える!

新車に乗りたいけど結構お金がかかるし、手続きもなんだかめんどくさそう、、、
ドンドン新しい車が発売されるし買い替えたいけどローンが残ってるから乗り換えられなし、、、

なんて思っているアナタにはリース車両がピッタリかもしれませんよ!?

必要最低限の手続きと、新車を購入するのにくれべて遥かにお得に新車を乗り継ぐ事ができるプランがカーリースです。

新車購入はあくまで車を買うだけのお金ですからその後にかかってくる税金や整備代は別途自腹です。 これが地味に効いてきます、、、

車検は2回目の時点がもっとも費用がかさみます。
定期交換部品と消耗部品が寿命を迎えるタイミングだからです。(バッテリーやタイヤなど)

これだけで軽自動車でも10万円近く整備代がかかってきてしまい、その他にも定期交換部品を合わせると15万円〜20万円近い車検代になることもあります。

その費用や税金面まですべてカバーしてくれるカーリースは急な出費を最低限に抑えてくれるので日々の出費の計算もしやすく、浮いたお金で旅行にいけちゃうような額が手元に残っちゃいますよ!?

しかも契約満了後は車を返すなり、新しい新車に乗り換えることも出来ますが、もろコミでは乗っていた車をそのままもらうことが出来ます!

 

リースと言えども長年利用料金を払ってきた車ですから、そのまま自分のものになれば割安で長年乗っていられたのに、最後は新車をローンで買ったときと同じように乗り続けることが出来るのは嬉しい待遇です!

カーリースのデメリット

リースの1番のデメリットは総支払額の差です。

リース契約は車に必要な税金やその他整備代金を車両代と一括でまとめているので借りる年数が長くなればなるほど通常購入した人の場合よりも総支払額が大きくなってしまいます。

この金額の中にはリース会社の利益分が入っているのでしかたありませんが、大切なお金ですので、訳の分からない出費をしているのではなく契約上の必要な料金体制だ、、、としっかり認識してからリース車両の契約はおこなうようにしましょう!

もう1点は途中解約が出来ないことです。

レンタルの場合は短期契約が基本なので解約自体難しいことではありませんが、リース車両は解約したい場合車両の買上げが必要になってきます。

しかしたとえ通常の車両購入で車を買っていてもローンで買っていれば、買い替えをしたいときにはローンの返済をしてからでなければ乗り換えたり売却することは出来ないので、条件としてはほぼ同じと言っていいでしょう。

でも嬉しい特権はリース車両は契約年数期間支払いが完了すると、その車両を自分名義(アナタの所有物)にすることが出来ます!

特にカーコンリースの【もろコミ】というリース会社は走行距離超過などの追加金を取らないので、リース期間中もアナタが買ったクルマと同じように距離を気にすること無く自由に使うことが出来ます!

カーコンリースの【もろコミ】の詳しい情報はコチラから公式ページへ行けます。

スポンサー検索

個人でカーリースの申し込み方。
ネットで簡単1分で申し込み!2日で審査通過!

カーリースをしてみたいけど、インターネットからの申込みってなんだかよくわからない、、

インターネットからの申込みはアナタが考えるよりもとっても簡単で1分で好きなクルマのリース申込みが完了しちゃいます!

  1. 好きな車種と契約プランを画面ボタンから選択
  2. 必要事項を入力
  3. リース審査が終了するまで2日間待つ

たったこれだけで完了しちゃいます。

必要項目入力と言ってもこんな具合なので悩んじゃうようなところはありませんね!

カーリースを申し込む際の注意点

  1. 契約後は途中解約が出来ない
  2. 申し込み年齢は20〜75歳以下までで、主婦や無職の人、職歴が1年未満の人、パート・アルバイト、学生も利用できちゃいます!

レンタルと違い契約が結ばれた場合、その契約年数の期間内は解約ができないので注意して下さい。

年齢や職業に関しては規制は厳しくないので、しっかりとリース契約金を毎月支払える能力があれば簡単に車を持つことが出来ます!

スポンサー検索

個人でカーリースも悪くない!まとめ

カーリースは個人で使うにはトータル支払額に差が出たり、法人が税金対策で使うほうが良かったりとあまりメリットがないように言われますが、そんなんことはありませんでしたね!

  1. 税金や点検代車両代がまとめて一括で管理できるので、車に詳しくない初心者や女性でも新車に乗るハードルを下げてくれる。
  2. プランごとの支払い年数を終えればその車はアナタのものになる!【カーコンカーリースもろコミ】
  3. 新車だと高い介護車両や人気のドライブレコーダー付きモデルなど幅広くリースできる。

初めて車を買う場合など、新車の価格の高さに驚いてなかなか踏み出せないでいるような時は一度検討してみると思いの外月々の支払金額が安く新車に乗り出せちゃいますのでぜひ一度公式ページから詳細を確認してみて下さい!

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。