自動車マメ知識

車買取で必要な書類と再発行手続き

自動車を売却するときには必ず必要になる書類があります。

しかしいざ必要な時に限ってどこにしまっていたか分からず、売却時に書類が足りない!なんてことにならないようにココでは必ずそろえておく書類の説明と、

万が一無くしてしまったときのための再発行の手続きを記載していきます。

スポンサー検索

車買取時に必要な書類

自動車検査証【車検証】

自動車には2年に一度車検を受けることが義務付けられていますが、その際に車検検査に合格しましたという証明としてA4サイズの用紙が車検ごとに新しいものが渡されます。

カーディーラーや町の自動車工場などで車検を受けた場合は、早ければ車検の終わった車の引渡し時、もしくは一週間後くらいには整備店から送られてきます。

多くの書類は車検証入れのような専用のファイルに入れられて、ダッシュボードに保管しているケースが多いですが、稀になくしてしまう時があります。

車検証をなくしてしまった場合再発行が出来ます。

個別に再発行をお願いする場合は、お住いの地域の陸運支局で手続きすることで再発行が可能です。

 

個人で再発行が難しい時は、車を購入した店舗やディーラーなどで再発行を依頼することも出来ますが、陸運支局・ディーラーともに再発行には手数料がかかりますのでご注意下さい。

再発行手数料は陸運支局の場合 印紙代として300円かかります。

カーディーラーなどは店舗によってまちまちですが、3000円前後かかるところが多いです。

もし車検証をなくしてしまった場合、出来れば最寄りの陸運支局でご自身で再発行の手続を行ったほうが費用や発行までの時間を考えれば安く、短時間で出来ますのでオススメです。

 

自動車税納税証明

自動車を持っているあいだには必ず自動車税を払っています。

タイミングは年に一回、5月の上旬に郵送のはがきで送られてきます。

コンビニなどで簡単に支払いができますので忘れずに支払いを済ませておいて下さい。

支払いをした時の用紙の半方の部分が自動車税を収めましたという証拠になり、
新しく車検証をもらう時(車検を受ける前の段階で必ず提出をお願いされます)
に必要になりますので、車を売る売らないの前の話として必ず支払いは済ませて下さい。

自動車税を支払っていないまま車を売却しようとした場合、法律で売る手続きをすすめることは出来ません!

もし納税用紙をなくしてしまった場合は再発行を行います。

納税書の再発行は都道府県の税事務所で出来ます。

 

自賠責保険証

自賠責保険は自動車に乗るユーザーに法律で決められている必ず入らないといけない保険です。

車検を受ける時などに必ず継続して加入の手続きをしますので、普段であればあまり支払いのことを気にするタイミングは無いかもしれませんが、自動車を買い取りする時に保険未加入または保険証をなくしてしまった時は売却ができません。

車を手放す時に車の持ち主(名義)を変える必要がありますが、その手続を買取業者が出来ないためです。

保険証をなくしてしまった場合は加入している保険会社に連絡してすぐに再発行してもらいましょう。

もし保険会社がわからないなど連絡先が不明な時は自動車購入店に相談すればすぐに連絡先を教えてくれます。もしくは販売店が手続きを代行してくれることもあります。

再発行の料金は多くのところで無料です。一般販売店などに再発行手続きをお願いした場合は多少の事務手数料を取るところもありますが、そこは普段からの販売店との親密度が物を言うかもしれません。(あくまでも参考程度に)

委任状・譲渡証明書

自動車を手放した際に、買取店が自動車の名義を代行して行うために必要な書類です。

通常は売却店で用紙をもらえますので陸運局などに取りに行く手間はありません

実印・印鑑登録証明書

実印は譲渡委任状に捺印するときに使います。

ここで使う実印がお住いの市町村に登録されているものか確認が必要なので、印鑑登録証明書を市役所でもらっておきましょう。

印鑑登録証明書が効力を持つのは3ヶ月間のみなので、あまりにも早く準備してしまうと期限が切れてしまってたなんてこともあるので注意してください。

リサイクル券

自動車を廃棄するときにはリサイクル料金を払うことが法律で決められています。

リサイクル料金は新車を購入したときにすでに払っているはずなので、その証明の用紙も車検証などと一緒にまとめられていることが多いです。

リサイクル券がないと自動車を売却した先でその自動車を次のユーザーが廃車するときに手続きが出来なくなってしまいますので、必ず提出が必要です。

もしリサイクル券をなくしてしまった場合は自動車リサイクルシステムホームページから再発行の手続きをしてください。

スポンサー検索

車買い取りに必要な書類まとめ

自動車売却に必要な書類

  • 自動車検査証
  • 自動車税納税証明
  • 自賠責保健証
  • 委任状・譲渡証明書
  • 実印・印鑑登録証明書
  • リサイクル券

書類の再発行の有無

自動車売却で必要な書類はすべて再発行、再手続きによって取り直すことが出来ます。

しかし実際に陸運支局に足を運ばないと出来ない手続きや、手数料が発生してしてしまうものが多いですので、もう1度車のダッシュボードや車検証入れ(ビニール製でA4サイズのものがほとんど)をよく確認してみてください。

ディーラーなどでは車検証に上記で上げた必要書類をすべて紛失しないようホッチキスなどで留めている事があります。

最も多い例はそれぞれの用紙が長い間折り重なった結果、一枚の紙のように張り付いてしまっていて見逃してしまうケースですので、念には念を入れて再確認をしてみてください。

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。