ニッサン

人と被らないレア車を探す。日産【ラシーン】中古車じゃないと手に入らない人気の秘密と中古車事情

今売れている自動車は最新のデザインや安全装置などが盛りだくさんですが、そんななかチョット古くてクラシックなたたずまいの車も人気があります。

人気のセミクラシックカーとも言える車ですがもちろん新車では手に入りません。 数ある中古車の中から探し当てるのが1番簡単なのです。

【なかでもいまだ根強い人気を持つのが日産ラシーンです!】

この記事では今人気のセミクラシックラーの中古車として買える人気車種をピックアップしてお伝えします。

スポンサー検索

ドラえもんがモチーフ?女性に大人気の日産ラシーン

参考 Wikipedia

少し角ばったボディが可愛らしい心象の【日産 ラシーン】
発売当初のCMにはドラえもんが登場しており、使いやすい車の大きさも相まってさながらどこでもドアの車版!そんな印象を与えたかったのでしょうね。

なんと約20年以上も前のCMです! 御覧頂いている年代の方によってはまだ生まれていないかもしれませんねw

ラシーンが愛された証拠に、通常発売されてから3年を目安に自動車はモデルチェンジを行ってその車の新鮮さを保とうとするんですが、なんとラシーンは発売から6年間の間に一度もフルモデルチェンジをしなかったんです!(1994~2000年)

どんな人気の車でも一度はモデルチェンジをするものですが、ラシーンは発売した初めの形がよほどユーザーに気に入ってもらえたんですね!
形を変えなくても6年間も発売されれば立派な名車の仲間入りです!

スポンサー検索

ラシーンはどんなエンジンで大きさはどのくらい?

ラシーンには1500CC 1800CC 2000CC の大きさのエンジンが用意されていてどの排気量のモデルも中古車はまんべんなく販売されています。

3種類どの排気量の大きさを選んでも全然加速しないとか、エアコンつけたら坂道登らない!?なんていう心配は流石にありませんw

どんなに古くても1994年発売の車なので、基本的なエンジンの構造やパワー感はそれなりにはちゃんとありますよw

でもいざ購入時には排気量によって税金が変わってくるので注意が必要です。

  • 1500CCは        34,500円/年
  • 1800CCと2000CCは 39,500円/年

発売から13年以上過ぎているので税金がさらに15%上乗せされるので注意です!

ラシーンの人気の理由の一つは扱いやすいサイズ感にあった

ラシーンの大きさは全長が約4メートル 幅が1.7メートルあります。
いま発売されている車だとホンダのフィットより少し大きいくらいのサイズ感です。

フィットも使い勝手のいい大きさと燃費の良さで爆発的人気ですが、ラシーンもやっぱりこの使いやすいサイズ感に収まった大きさだったんですね!

特に女性が乗る場合あまり大きすぎる車体や、前の見切りが悪い車は擦ってしまったり、運転自体がしづらかったりと嫌がられちゃいます。

残念ながら使いやすい車体はフィットを思い出してくれれば簡単に想像はつくと思うのですが、燃費ばかりはそうも行きません(汗)

燃費は当時のカタログ値で13km/lですから、10年近くエンジンも動いていることを考えると、燃費は一桁台に近いかもしれません、、、

こればかりはなんともしようがないですが、当時の可愛らしいクラシックボディーの車に乗れることを一番に考えてここは目をつぶりましょうw

スポンサー検索

ラシーンの乗り心地は?チョット古めだけど大丈夫??

【乗り心地】
車体が低いので、最初に運転した時は地べたを這って走る「ゴーカートみたい」という印象を受けました。
カクカクしている分、前後の目安がつきやすく、なんだかんだ、ある程度の小回りも効くので、運転しているときのフィット感が気持ちよく、ドライバーの思いのままに通りに動いてくれる素直な車だと思います。
ただ、見た目通り中は広くないので、特に体の大きな男性にはきつい面があるかもしれません。(身長約180cmの弟が運転した際は、頭がすれすれで、視界も悪そうでした)
正直、男性にはあまりおすすめしません。

【乗り心地】かなりフワフワです。ハンドルも遊びがあり過ぎ。慣れが必要です。

参考 価格.com

とくに大きなクセのある乗り心地ではないみたいですね!
「ハンドルのフワフワ」とはハンドルを回しても車体が方向転換するまでに少し時間差があるように感じることですね。

車体はサニーという同じく日産の車をベースの骨格として使っているので、もともとが頑丈な車ですので車本体がダメで乗れなくなると言うよりは、使っている部品が寿命をむかえてきて順次交換していかないと快適に毎日乗るには少し大変になってくる感といったところです。

10年以上昔の車ですが、部品は結構あります!中古品やリビルト品という中古部品を整備してもう一度使えるように直したものなど、取り寄せまでに時間は多少かかりますがまだまだ現役で乗れる車ですね!

スポンサー検索

ラシーンのデメリット 中古車の相場は高めで人気

  • 価格平均相場は47万円
  • 上は130万円近く
  • 在庫数は全国的に見ても少ない

デザインが好まれて特に人気のラシーンなので年式が新しく、外装が綺麗で、走行距離が少ない車両はすでにプレミア価格になっていますね(汗)

販売してしばらくした年式の車両は100万を超える金額では販売はあまりされていませんが、すぐに買いたい!と思う前に注意が必要です!

販売価格が少し安めの車は納車までにかかる整備代がかなり高額になる可能性があるからです。

販売店によっては納車前整備代負担します!なんてところも多いですが、年式が新しくてもともと高額な整備代がかかりにくい車を売っているお店がほとんどです。

年式が古い車を乗るということはそれなりにお金がかかります!最初は販売店が格安で整備して納車してくれてもゆくゆくは自分で整備代を捻出しないと乗り続けることはできなくなってしまいます。

でもこれはどんな車に乗っても【永く大切にの乗りたい】と思っていれば必ず必要になってくるお金です。

愛着のある車にしっかりとメンテナンスを受けさせてあげて下さいね。

改造車のベースとして人気があることも価格が高い理由

ラシーンは車をドレスアップ(改造)して個性的な車に乗りたい人にも人気が高い車です。

その分きれいな車両は車のドレスアップ屋さんや、個人の希少車を買いたいユーザーなんかに買い占められてしまい今ある在庫のラシーンの価格も需要と供給のバランスで高騰してしまいます、、、

こればかりは人気の車と言われるところの定めなのでしかたありませんが、ラシーンの中古がこれから先出てこないというわけではありませんのインターネットの中古車情報をマメにチェックしたり知り合いの車屋に声をかけておくなど、

常に新鮮な情報が入るようにしておくことが大切です!

スポンサー検索

人気中古車【ラシーン】をこれから買う方へのまとめ

今も程度の良いラシーンは中古車で出てくればすぐに買い手が決まってしまう状態です!

でも休日は家事や別の用事で忙しいし、平日は仕事で中古車屋巡りなんて出来ないから買うのを諦めようかな、、、と思うのはまだ早いですよ!

インターネットで中古車は簡単に探せますし、雑誌よりも情報が新鮮です。
中古車販売会社によっては希望の車を探してくれて、自分は何もしなくてもお気に入りのレア車を見つけてきてくれます。

しかも希望の車を探してもらえるのに料金は無料なので是非忙しい人ほど活用してみて下さい!

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。