自動車マメ知識

【新車値引き方法】相場はあてになるの?ディーラー購入編

新車を買うのはいつもワクワクしますね!
『どんなグレードにして、お気に入りのオプションをつけたり〜』
そして出てきた見積もりを見てビックリするのが定番ですねw

でも出てきた見積額でそのまま購入する人なんかいません。
かならず【値引き】交渉があります。

値引き交渉にはテクニックがあり、初心者でも3つのポイントを押さえるだけで無理のないスマートな値引き交渉ができます。

この記事では値引き交渉に慣れていない人がディーラーで新車を買うときに最大値引きで買うためのテクニックを紹介しています。

スポンサー検索

買いたい車の【値引き目標額】を決めておく

ディーラーで本格的な値引き交渉に入る前に必ず【値引き目標額】を決めてから行きましょう。

面接やデートでいざ本番になるとそれまで考えていた話のプランが飛んで頭の中が真っ白になるなんてことがあります。

ディーラーでの値引き交渉も同じです。

ディーラーは相手のテリトリーであり、ホームです。その中にアウェイであるあなたが単身乗り込んでいくのですからそれは緊張もしますし、うまく立ち回れなくなりますよね。

そうならないために事前に話しのゴールである【目標値引き額】を持っておきましょう。

車種ごとの値引き相場はインターネットや口コミサイトで簡単に調べられますが、実際の交渉はもっと複雑です。

ディーラーの資本や店舗ごとに【値下げの幅】が違うので調べていった額と全然合わなかったなんてことはよくあります。

【値引き目標】は慌てないための準備であって本番の交渉を落ち着いて進める材料になります。

スポンサー検索

車両価格で値引き額は上下する 適正価格を知っておく

100万円の車と500万円の車で同じ10万円の値引き希望ならどちらが交渉しやすいでしょうか?

正解は500万円の車を10万円値引きしてもらうことです。

値引き額は車両価格に比例して多くなります。車両価格が安い車を何十万円も値引きで買うことはまずできません!

目標値引き額は大切な基準ですが、車の種類によって同じ10万円でも値引きしてもらいやすさに違いがあることを覚えておきましょう。

最近ではブランドイメージを維持するために一切の値引きをしない会社があります。【レクサス】です。

レクサスを始め高級外車などはブランドイメージと顧客の層が一般的なディーラーとは違うので値引きもしませんし、ユーザーも値引きを期待していません。

そのメーカーの車を所持するステータスを買っているので、生活に必要な道具としてみていないので考え方が違います。

スポンサー検索

値引き交渉はトータルではなくピンポイントで安くさせる

ディーラーで最大限値引きを引き出すにはポイントごとに価格交渉をしましょう!

総額から値引きを調整することが多いですが、それだと個別にもっと値引きが効く部分を見逃してしまう可能性があるからです。

  • メーカーオプションではなくディーラーオプションで値引き交渉する
  • 自動車保険・メーカー独自のクレジットカード提携・JAF加入などのメーカーが得する特典を逆手に取る
  • ディーラーの決算時期と閑散期を狙っていく
  • 今キメるは最強の値引き方法
  • 友人など購入予定のディーラーで購入歴のある人物を連れて行く
  • 営業マンとは対等な立場で接する

値引き交渉はディーラーオプションでする

車両値引きは車両本体価格とオプション価格の合計が多くをしめています。

車体値引き価格には限界があります。しかしディーラーオプションにはかなり値引きさせる要素が残っているんです。

ディーラーオプションは販売店で取り付けや加工を行うので、お店独自の値引き調整をしてもらいやすいです。

メーカーオプションは車を工場で作る段階から発注されるので販売店で値段を下げるには限界値が低いです。

一番値引き対象として効果的なディーラーオプションは【ナビゲーション】です。

ナビゲーションは10万〜20万円と効果な商品にもかかわらず、販売店で取り付けることや、ナビに限定した割引セットなどもディーラー独自にしていることがあるのでうまく活用することで大きな値引き額を引き出すことができますよ!

販売店にメリットのある契約から値引き交渉に入る

ディーラーは車が売れれば良いわけではありません。

各ローン会社からの契約目標・提携先保険会社からの契約件数・JAFなどの月々の申込数目標などなど・・・

提携先との取り決めで車以外にもほしい契約は山のようにあります。
そこを逆手に取りましょう!

現金一括での支払いは値引き交渉には不向きです。
ディーラーはローンを組んでもらうことでローン会社からのマージンと指定されているノルマの確保をしています。

利子が値引き額を上回るほどあるのでは意味はありませんが、総額の3分の2だけでもローンにする話をするだけでも値引き交渉は有利に進めることができます。

その他にも保険や各種提携先への加入などの条件をうまく使うことであなたもディーラーもスムーズに車を買うことができます。

セール時期は当たり前。閑散期に積極的に値引き話をする

セールの時期に積極的に値引き交渉をするのは当たり前ですが、車の売れ行きが落ち込む閑散期にもチャンスがあります。

閑散期、主に5月や8月は車の売れ行きが一気に減ります。

この時期を狙っていく方法です。

車が売れなければディーラーは立ち行かないので来店した買う気があるユーザーをみすみす見逃すはずがありません!

閑散期には積極的に値引き交渉をしてみてください。こちらが想定している以上にディーラー側から好条件を出してくることがあります。

今日決めるはwin-winで最強の値引き言葉

いくら値引き交渉を話しても決め手がなければ営業マンも手の打ちようがありません。そこで有効な言葉が【今日決める】です。

今日決めるから限界まで値引きして!っと言えば営業マンもこの言葉を上司に相談して値引き額の底上げを相談しやすくなります。

値引き額の幅を決める権限は店長が持っているので、営業マンは店長との交渉材料を欲しがっています。

営業マンが店長との値引き交渉の材料としてほしい言葉をあげることで、そのディーラーで本当に出る最高値引き額が引き出せるというわけです。

紹介制度はディーラーにとってメリットが有る

すでに購入予定のディーラーで車を購入したことのある人が身近にいればかなりこころ強いです。

その人は担当営業とは顔なじみなわけですから営業も自分のお客のメンツがあるので価格交渉でも一見さんよりも手厚く話に乗ってくれます。

値引き交渉はお金のやり取りだけではありません。

営業マンの心理をうまく使ってこそうまくいくのです!

値引き交渉は人と人との対話。お客様は神様じゃない

お客様は神様ではありません。値引き交渉はビジネスであって一方的で無謀な注文はただのクレーマーとして扱われます。

クレーマーとして認知されるとその情報は各販売店に伝達され、どのお店にいってもまともに相手にされなくなってしまいます。

値引き交渉はあくまでも常識と相場の範囲で、上記のようなポイントを抑えながらおこなうことが1番確実に最大値引き額を引き出すことができます。

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。