自動車マメ知識

自動車保険に車両保険は必要?無駄な保険料を支払わないで節約しよう!

車を購入するときに任意で加入する任意保険の中にある車両保険、これって入っていたほうが良いのか悩む人って結構いますよね?

結論から言えば加入しなくて大丈夫です!

車両保険は自分の車を修理するときに使える保険で便利そうですが、保険料が一気に上ることで家計の負担になる場合のほうが心配になります。

そこでこの記事では任意保険にまつわる保険内容の代用的なものの説明とその他の付帯内容を紹介しています。

元自動車販売営業と整備士目線で厳しめに保険の必要範囲を紹介していますので参考にしてください。

車両保険の補償範囲

車両保険を付けましょうと営業に言われるがまま内容も知らずに無駄な保険料を支払っていませんか?

車両保険の保険適用範囲は以下のような場合になります。

車両保険・一般条件補償範囲

  • 他の自動車との衝突など
  • 盗難
  • 火災・爆発
  • 台風・竜巻・洪水・高潮
  • 落書き・10円パンチなどのいたずら
  • 飛び石などの飛来物・落下物
  • 電柱やガードレールへの衝突
  • 自転車との衝突・接触
  • 墜落・転覆
  • 当て逃げ

ここに上げた事例のように車両保険は車が破損・壊れたときなどに物に対して保証が適応され、保険金が支払われる保険です。

人や運転者自身の身体に対する保証は含まれていないので勘違いしないようにしましょうね。

よくあるのが飛び石ですね。

高速道路なんかを走っていると『絶対あの車の石が当たった!』なんて思ってもその車を停めて保証を請求するなんて人はあまりいませんよね?第一本当にその人の車から飛んできた石なのか証明すること自体難しいですからね。

そんなとき車両保険の飛来物保証は役に立ちそうですよね?

でも保証は使えば保険料が上がり、トータルで見ると自腹で直すのと保険で直すのどっちが安く済むのか考えたことってありますか?

程度にもよりますが自腹で修理をしたほうが安く修理ができます。
保険を使って直して、直後に何年も保険料が上がってしまった支払いをするのでは保険料の負担額はとんでもない額になります。

スポンサー検索

車両保険は要らない!その訳とは?

新車を購入すると皆さんこぞって車両保険を付けようとしたり、営業に言われるがまま加入してしまっていることってないですか?

結論:程度にもよりますが車両保険を使う必要なレベルの修理は廃車寸前くらいの状態が殆どで、それ以外の軽度な事故では実費で直したほうが保険料が上がることもなく安く修理できるケースがほとんどなんです。

車両保険の意味をもう一度考えてみましょう。

車両保険は事故のときなどに実費では修理費用が足らないときなどに負担をしてくれるサービスですよね?

だったら最初からある程度の修理なら実費でまかなえるくらいの貯金をしておけば良いのではと考えたことはありますか?

保険を必要とする人にもよりますが50万円〜100万円以上などこのくらいの修理費用を請求されたときではないでしょうか?

実際100万円の修理ってどんなレベルかって言うと【廃車寸前】レベルなんです。

廃車寸前の車に100万円の修理費用を払って修理しようと思いますか?
廃車にして新しい車を買ったほうがよっぽど安上がりで懸命な考え方ですよね。

実際に事故などで自分の車の修理費用として多い額は30万円以下がほとんどです。

30万円の修理費用くらいチョット貯金を崩せば支払えないがくではありません。

この30万円を保険を使って直すことで長い目で見ると保険料が上がり修理で支払った保険料以上に毎月の保険料金が上がってしまう事になってしまいます。

スポンサー検索

車両保険をつけても保険料を安くしたい場合

でもやっぱり車両保険がないと心配なんだよね。。。っと言うときに保険料が気になります。

そんなときは任意保険の【一般条件】に【車対者・限定特約】を付帯することで補償を限定して保険料を下げることができます。

車対者・限定の内容とは

・他の自動車との衝突
・盗難
・火災・爆発
・台風・竜巻・洪水・高潮
・落書・いたずら
・物の飛来・落下

一般条件の補償範囲から対象範囲を上記に絞ることで保険料を安くできるという仕組みです。

じゃあこれ以外の事故や破損があったら自分で修理費用を払わなきゃだから結局高くつくんじゃないの?って思いますか?

上記の補償範囲に当てはまる事故の場合確かに自腹で修理するには高額な費用が予想されるものばかりなので車両保険を付けていてよかたと感じますが、それ以外の当て逃げや自転車との接触で20万円以上かかる修理が必要になるかといえばほとんどそんな事はありません。

車両保険は自分の持ち出しで支払いが不可能なレベルの修理を保証してもらうことを忘れずに、保証の範囲を絞って契約することで任意保険料を圧倒的に節安することができますよ!

スポンサー検索

保険料は比較・最適化して家計の負担を減らすべき

任意保険契約時の車両保険の必要性は、基本付けなくても大丈夫!どうしてもお守り代わりにしたいなら『車対者・限定』にすることで保険料を安く抑えることができました。

それでも基本の任意保険料は各社で差があります。

保険会社ごとに特約の種類や範囲も異なるのであなたの必要な補償内容と支払える保険料を検討比較して選ぶことで毎月かかる任意保険料を極限まで下げることができます。

今は店頭に行かなくてもネットを使った無料の任意保険料一括比較が簡単に、しかも無料でできるのでディーラー営業の言いなりに契約する前に一度ネットで比較してみましょう!

たった5分の入力で毎月支払う保険料が段違いに変わってくるのでマネーリテラシーの高い人はみんなやていますよ♪

車の下取りで新車はもっと安く買える!

家にいながら下取り車の査定額を調べてアップさせたい、、、!!

新車が欲しいけど予算がとちょっと足りない、、、

車の予算を親族に借りるのはチョット、、、

ディーラーの下取り査定って安いって聞くし、、、

こんな悩みお持ちではないですか?
その時間とってももったいないですよ!?

ネットで無料の自動車査定を知っていますか?
自宅にいながらディーラーよりも高い査定額が期待できて新車購入の頭金が簡単にアップします!

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料!自宅で簡単査定なので下取りで損する前に一度試してみましょう!

 

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。