クロスビー

スズキXBEE【クロスビー】値引き交渉術

この記事では、スズキXBEE【クロスビー】の値引き交渉術・口コミ・試乗レビュー情報をお伝えしています。

軽自動車に定評が高いスズキから人気軽自動車【ハスラー】の一回り大きなモデル、新型XBEE【クロスビー】が高い人気を維持しています。

小さな車に多彩な機能を盛り込むのが得意なスズキが軽よりも大きなXBEE【クロスビー】でさらなる販路拡大を目指しています。

では人気のXBEE【クロスビー】をどうすればお得に買えるのか?口コミと試乗情報を交えてお伝えします。

クロスビー外観画像
スポンサー検索

スズキXBEE【クロスビー】値引き術

2017年末に発売されたXBEE【クロスビー】には実質ライバル車となる車があまりありません。

エンジンの大きさ・SUVに近い車格・200万円台前半の価格帯は日本車にはあまり存在していない部類の車です。

それもあってディーラーでは値引きに関してかなり厳しい金額が予想されます。

車の様々な情報や口コミがわかる「みんカラ」で、XBEE【クロスビー】の値引き実情を調べてみると平均が10万円から20万円。でもその多くは一桁台という200万円する車にしてはかなり強気な値引き設定になっています。

形だけで見ればミニのクロスオーバーがライバルか?

ミニクロスオーバー

参考:ミニジャパン

XBEE【クロスビー】に近い車格だけで見ればミニのクロスオーバーが使い勝手や見た目に近さはあり、交渉に使えなくはありません。

しかし問題はクロスオーバーの価格で、クロスオーバーのエントリーモデルは345万円~となりXBEE【クロスビー】よりも100万円近く高くなったしまうので価格を競らせて値引きをさせること自体は厳しいかもしれません。

他社競合で値引きが厳しいときの対処法

ライバル車がいないときや、どうしても値引き額に限界を感じたときは自分の愛車をいかに高く売るかを考えましょう!

値引きには限界がありますので、次は愛車を下取りではなく買い取りに出して少しでも次の車の購入資金を増やすように行動しなくてはいけません。

スポンサー検索

スズキXBEE【クロスビー】口コミ

スズキXBEE【クロスビー】はあまり評判が良くないことがネットでは言われていましたが実際はの声はどうでしょうか?

スズキ クロスビーのクルマレビューのまとめ

試乗、又は既に愛車登録をしているユーザーのクチコミを見てみよう。

満足している点としては、外観のデザインは当然ながら、乗り心地が良く、視界も良好で、走行中の車内が静かであり、室内が広いという点について多くの人が評価している。

不満な点としては、マイルドハイブリッドの割には燃費が悪いというクチコミが散見される。また、価格については、1.0Lと考えると高めと捉えるユーザーがいる一方で、エンジンがハイブリッドで内装・外装もカスタマイズパーツを多数使用していることを加味すると、リーズナブルと考えるユーザーも多いようだ。 試乗のみのユーザーと保有しているユーザーの分岐点としては、燃費と価格の2つの要素が挙げられる。

みんカラ

発売当初はスズキの軽自動車【ハスラー】を大きくしただけでイマイチなのでは?と言われていましたが発売してみればユーザーからは高評価が多いです。

乗り心地や積載性の良さが際立っているようです。
ハスラーで実績のある形状を一回り大きくした車体は使い勝手の良さはお墨付きといったところでしょうか。

デメリットとしては燃費のところです。

1000CCのハイブリット車では車重が重たい割に力【出力】が足りないのでどうしても燃費が悪くなってしまっているようです。

それでもハイブリット車で200万円代を欠けるような価格は家族でクロスビーをアクティブに使いたいユーザーなどからすれば満足度の高い1台のようですね。

スポンサー検索

スズキXBEE【クロスビー】試乗情報

みんカラの口コミにも高評価が多いのが目立ちます。

  • スポーツモードで乗ると街乗りから高速・峠道も快適。
  • 寸胴なイメージがあったけど乗ってみるといい感じ、走り、室内の広さ、燃費を考えてもコンパクトカーにして十分な車。
  • スポーツモードと6ATで運転がとにかく楽しい
  • 未舗装の砂利で固められた悪路を走りましたがサスペンションのストロークが十分に働いてくれてよかった。

XBEE【クロスビー】のデメリット・不満点

XBEE【クロスビー】のデメリット・不満点は乗り心地に関することが多いです。

  • 足回りが柔らかいのでコーナーのロールが大きい
  • 燃費が少し悪い
  • 後席中央のヘッドレストがない
  • リヤウィンドウのワイパーが短いので雨のときの後方視界が悪い

(みんカラ参考)

少し大柄な車体に車高の高い車なので、走行安定性が悪いところが目立つようです。

大きな車体はエンジンの力がないとどうしても動きがモタツクのでアクセルを踏み込む率が高くなり、燃費の悪化につながってもいるようですね。

スポンサー検索

スズキZBEE【クロスビー】おすすめオプション

XBEE【クロスビー】は市販のアクセサリーが少ないので、純正オプション装備を活用する機会が多いです。

純正オプション装備の中でも人気の品と、使い勝手の良い装備をお伝えします。

クロスビーキャンプオプション

XBEE【クロスビー】はSUVライクな外観でキャンプやアウトドアに使用することも出来ます。

そんな時に使いやすいオプションが【カーテン・タープキット】です。

量販店では先ず購入できないXBEE【クロスビー】専用設計のオプションなので使用したときのサイズ感のズレや汎用的に作られたチープさがありません。

カーテンを広げればそこがそのまま屋根になるので、わざわざテントを持っていかなくてもクロスビーの車内をそのままテント代わりに使えるのも荷物が少なくなって家族連れには喜ばれる仕様ですね。

合わせてACパワープラグのオプションをつければAC100Vまでの電化製品を使用できるので、キャンプ場や車中泊中でも電源を気にする心配が減りお出かけが楽しくなりそうです。

クロスビー車中泊オプション

隠れたおすすめオプションパーツがプライバシーシェードです。

市販でも似たようなものは販売していますが、どれも車種専用設計でないと光をしっかりと遮断してくれませんし、まるで目隠しになりません。

車中泊をするときはもちろん、夏の暑い日差しから車内を涼しくするときにも大活躍してくれます。運転中は使用できませんが休憩中などでは太陽光を完全にカットしてくれるのでエアコンの効きも格段に良くなります。

本気で車中泊をするならベッドクッションもおすすめです。

大型のワンボックスカーなどは専用設計のベッドクッションが販売されていますが、クロスビーはまだそこまで制作が追いついていません。

市販のエアーマットをひいて使うなんて例もありますが、サイズが合わないにはもちろん使い終わった後にエアーベットから空気を抜くのは意外と大変で段々と使うのが面倒になります。

なので車中泊やキャンプでの使い勝手の良さを考えると、XBEE【クロスビー】は純正オプション装備で車内をコーディネートするのがもっともコスパと使い勝手が良い印象でした。

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。