自動車マメ知識

車の中が暑すぎる!車内を効率的に冷やすコストのかからない簡単な方法とは?

夏の車

本格的な夏の気候が続くと外が35℃!なんて日が続きます。駐車場に止めた車に乗り込むとそこはサウナ状態です!車内温度は50℃近くまで上昇しとても運転できる状態ではありません。

そんな時暑い車内を効率的に冷やす方法があります。

暑い車内を快適に!
  • 空気の抜け道をつくる
  • 日差しよけは絶対にする
  • 車内の空気を循環させるようにする
  • エンジンスターターは夏でも活用できる

この記事では暑い車内の空気を短時間で外に出し、社内を効率的に冷やすための方法とあると便利な車内グッズをご紹介しますので参考にしてください。

スポンサー検索

暑い車内をスグに冷やす方法

暑い車内を冷やす方法

参考:レスポンス

図のように炎天下の下だと車内は55℃近い温度まで上昇し、締め切った空間なので湿度も非常に高い状態になってしまいます。

1番早く車内温度を下げるには【走行しながらエアコンを使う】場合です。
そうすることで車内の熱い空気が一気に外に出されるので車内が冷える時間が短縮されるんですね。

注意するポイントは走り出す前のエアコンの【内・外気の切り替え】です。
オートエアコンを採用している車ではエンジンスタート時空気が内気循環になっています。

内気循環だと車内の50℃にもなる空気をしばらく循環させることになります。そのとき車外は暑くても35℃、どちらの空気が冷たいかは明らかですね。

エンジンスタート時はエアコンを【外気循環】に切り替えその状態で走り出すことが大切ですよ!

車のエアコン構造参考:国民生活センター

スポンサー検索

空気の流れを作る

走り出した車の中の空気を効率よく外に出すには窓の開け方に工夫が必要です。

1番効率的に車内の空気を出す窓の開け方は以下のとおりです。

  1. 前席のどちらかの窓を拳1つ分開ける
  2. 後席のどちらかの窓を拳2つ分開ける

この窓の開け方をすることで、車内の空気圧変化が1番起こりやすい状態になり、走行することで前から入ってきた空気が後ろに抜けて短時間で車内の熱い空気を外に逃がすことが出来ます。

スポンサー検索

サンシェードの効果は抜群!短時間でも使用する

日光が直接車内に当たればそれだけ温度上昇は酷くなります。

1番簡単な予防策は【サンシェード】を使うことですね!サンシェードは車内の温度上昇を抑える働きがあるのと同時に、ダッシュボード周りの劣化を防いでくれます。

強い日光の紫外線はダッシュボードなどのプラスチック製品の劣化スピードを加速させ、最悪の場合ダッシュボードが割れるなど思いもしない被害が出ることがあります。

Amazonや楽天などでは車種別設計された安くて使いやすいサンシェードが多く販売されているので是非確認してみてください。

スポンサー検索

エンジンスターターは最強装備

冬場になると需要が増えるエンジンスターターですが、夏の時期でもその効果はとても大きいです。

乗車前にエアコンが入る状態にして、出発前にエンジンスターターを起動しておけば乗り込む頃には車内の暑さはかなり緩和されている状態です。

しかしエンジンスタート時、オートエアコンの車は空気が車内循環になってしまっているので車内の熱い空気を循環させながら冷やすことになるので、車内が冷えるまでには時間がかかります。

スポンサー検索

冷たい空気を車内中に行き渡らせるには?

冷えてきた車内でもそれは前の方の席だけじゃないですが?

後席はエアコンが付いている車でも前席に比べるとエアコンの威力があまり強くありませんし、後ろの席のほうが広い空間なので冷気が行き渡るまでに時間がかかります。

そんな時前席の冷たい空気を効率的に循環させるのに【小型扇風機】がとても役に立ちます!

カーグッツ用品を検索すると車内で使える小型の扇風機があります。
前席だけでこれを使う人を見かけますが、この風を後席に向けて動かすだけで車の中全体が冷える速度が早くなるのでとても重宝されます!

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。