デミオ

マツダ【デミオ】がマイナーチェンジ!1500CCで更に走りが快適に!

マツダの人気コンパクトカー【デミオ】のマイナーチェンジ情報が発表されました。

今までは1300CCのエンジンだったものを1500CCまで拡大しより上質な走りができるコンパクトカーに生まれ変わります。

この記事では改良されたデミオのポイントと乗り換えを考えるとお得度は高いのかリサーチした内容を紹介しています。

スポンサー検索

デミオの排気量が1500CCにアップ!

今回デミオの最も大きな変更点はエンジン排気量の拡大です。

2014年発売以来1300CCの排気量だったものを1500CCまで大きくしました。

「たった200CC大きくなっただけ?」と思いましたか?コンパクトカーの200CCの差はかなり大きな違いです。

5000CCもある車が5200CCになっても恩恵は感じにくいですが、排気量が小さなエンジンの車が+200CC増えることは割合がまるで違います。

特に坂道やエアコンを使ったときの走行感覚はかなり余裕を感じることができます。

660CCの軽自動車が860CCになったらビンビン走るコンパクトスポーツカーの出来上がりです!

デミオに1800CCディーゼルエンジンは搭載されないのか?

同じマツダの人気車種にCX-3がありますが同じコンパクトカー路線でも1800CCディーゼルエンジンを搭載しています。

最近のガソリン価格の高騰もあり燃料代の安いディーゼルエンジンのデミオ搭載も期待されていましたがこれは叶わないようです。

デミオはマツダ車の中でも良い走りをできるコンパクトカーとして位置づけられているので、ディーゼルエンジンの良さはわかっていてもまだガソリンエンジンの吹け上がりの良さ喉に軍配が上がったようですね。

スポンサー検索

デミオのマイナーチェンジ内容

マイナーチェンジされたデミオはエンジンの他にも内装外装の特別仕様が追加されています。

コンセプトは【大人の余裕と上質をシックに楽しむ】

その名の通り内外装はコンパクトカーとは思えないような装備になっており、コンパクトカーは貧素、そんなイメージはどこにもありません。

以下の章でデミオの変更点を詳しく見ていきましょう!

外観の変更点

デミオの主な変更点は以下の点です。

フロントウインドウに紫外線と赤外線を遮断する【スーパーUVカットガラス・IRカットガラス】の搭載

サイドのガラスにカットガラスを採用しているものは多いですが、フロントガラスにも紫外線・赤外線カットガラスを採用したのは嬉しい変更点です。

夏場や冬の太陽光が強いときにサイドの陽も気になりますが、車で一番大きなガラスはフロントガラスなので紫外線が最も入ってきます。

紫外線は眼球を痛め、疲労を強くするのでカットガラスで少しでも軽減されれば長時間の運転も楽に感じます。

インテリアの変更点

デミオのマイナーチェンジでは内装に特にこだわりがあります。

シートやダッシュボードには【グランリュクス】といわれるスエード調人工皮革が採用され、繊細なブルーのステッチが特別仕様感を盛り上げてくれています。

デミオの内装では細かい点も特別仕様としてチューニングがされています。

ドアトリムやエアコンルーバーなど運転席から目に入りやすい部分に専用のメッキ素材を使い大人の余裕と上質感を演出しています。

地味なポイントと勘違いされやすいですが、ステアリングヒーターがついたことは内装の中でも1番のポイントです!

ステアリングは必ず毎回触る部品ですが冬場のステアリングの冷たさは体を更に冷え込ませます。
電気自動車や高級車では標準装備されていますがコンパクトカーのデミオでここまで充実した装備が付くことは異例ではないでしょうか?

スポンサー検索

新型デミオの販売価格

新型デミオ【Mist Maroon】【XD Mist Maroon】の販売価格は上記のようになります。

通常モデルでもカットガラス採用と排気量アップは適用されているのに
【15S】【15C】モデルはお値段据え置きなのがマツダの意気込みを感じます!

特別仕様の上位グレード【Touring】と【Touring L Package】は5万円程度の値上げで踏みとどまりました。

販売価格は全グレードでも最大5万円程度上げられたが、充実した装備やエンジン排気量のアップを考えればむしろ5万円高くなっただけでいいのか!?と感じさせてくる内容ですよね!

スポンサー検索

新型デミオは買いなのか?

今回デミオのマイナーチェンジにより排気量アップと上質なデザインのインテリア装備が追加されましたが今デミオを買おうか迷っているなら今回のタイミングは買いどきです!

現行デミオの発売が2014年なのでまる4年経過しており、車の熟成・完成度が高くなっているときに更に上級マイナーチェンジが施されたのでその信頼性は折り紙付きです!

しかも販売価格はエンジンの排気量がアップしたにもかかわらずほぼ据え置き。
1300CCと1500CCでは自動車税も34,500円で同じなので気になる維持費拡大が無いことも大きなポイントです!

参考サイト:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/?link_id=sbnv

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。