自動車マメ知識

車の簡単な傷直し方法!研磨剤入り磨き剤の使い方。

スポンサー検索

お気に入りのマイカー、綺麗なボディーで乗りたいですよね? あ、でも年々小さな傷が増えてきたような。。。

 

車の免許を取得してそろそろ運転にも慣れた頃でしょうか?

そんな慣れた頃にやってしまうのがちょっとした車の擦り傷(汗)

保険で直すほどでもないけど、何かかくせる方法はないものかというときに役に立つものがあります!

それはコンパウンド入り磨き粉です

コンパウンドとは?

コンパウンドとは研磨剤のことで、最近では歯磨き粉なんかにも配合されている成分ですね。
車用と歯磨き粉は違いますよ♪

車用品に特化した言葉かと思われたかもしれませんが、実際はあなたの普段の身の回りで多く使われている用品にも、カーライフに役立つ言葉と用品が溢れているんです♪

 

何故傷が隠れるの??

コンパウンドは研磨剤、はい、まさに傷を研磨するんです!

え? 傷があるのにさらに傷をつけるの?と思われたあなたは鋭いですね!!

その通りです、傷を傷で隠すことで人の見た目ではわからないレベルにしてしまって
結果として傷が隠れるということになるんですね。

くるまの塗装面にはいきなりあなたが乗っている車の色が塗っていあるわけではありません
細かく言えば3〜4層の色の源が重なってあのような綺麗な発色をしていますが

1番ココで大切なのはその塗装の中でもクリアーという部分です。

クリアー塗装面は色は透明なのですが、塗ることによって塗装面に艶を出し、ツルツルの鏡面仕上げにしてくれます。

そしてこのクリアー塗装についてしまっているものが、ほとんどの車両に見られる「擦り傷、軽いこすり傷」
の類になります。

なのでこのクリアーを細かい細かい研磨剤で擦ることによって、もともとある傷が見えにくくなったり、傷を均す(ならす=平、平均的)にすることで綺麗にボディが蘇ります。

どのように擦るの?

ここは非常に大切なポイントです!!

擦る時はマイクロファイバーのクロスなどを使って、直線的ではなく必ず円を描くように優しく擦ってあげて下さい。

あくまでもこれはボディを擦っているということを忘れないでください!! あくまでも優しくがポイントです!!

 

ココまでくれば浅い傷ならほとんど落ちていると思います

しかし最後に注意点があります。

車体の色が黒やそれに近いボディの車両で行なう際はさらに擦り方に注意して下さい。

黒いボディは光の加減などで細かい傷が非常に目立ちやすいですので、最新の注意が必要です。

私自身は黒いボディで磨いた経験がありますが、力加減が難しく工具を使った研磨、
もしくはしっかりとしたボディコート屋さんなどで磨いてもらったほうが後悔のない結果になるはずですので、行なう際はご注意下さい。

記事冒頭であげた商品は、板金屋さんなどがボディ研磨の仕上げに使う商品にかなり近い物と判断して掲載しています。

この仕上げ作業はプロでも緊張する場面です、ここで失敗すれば一から色を塗り直すこともあるくらいです。

その段階で使用する磨き剤なのでかなり繊細なものにはなりますが、あなたの大切な車で試す時は必ず
目立たないところで試してから本番の箇所を行なうようにしましょう!

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。