自動車マメ知識

外車は壊れる?BMWで多い故障5つ~輸入車ならではのウィークポイント

BMW修理イメージ画像

BMWをはじめ最近の輸入車は故障が少なくなったと言われています。

それでもメイドインジャパンの車に比べればやっぱり故障が多いのが輸入車なんですよね。

そこでこの記事では人気輸入車BMWの壊れやすい部品と日本車にはない消耗品(定期交換部品)を紹介しています。

外車は壊れた箇所によっては日本車とは比較にならないほど修理費用がかかるので、直すよりも売ってしまって買い替えたほうがお得な場合も多いのでこの記事を参考に乗り換えも検討してみてくださいね!

スポンサー検索

BMW壊れやすい部品【エンジンオイル漏れ】

輸入車で一番多い故障原因はなんといっても【オイル漏れ】です。

新車、中古車問わず国産車の比にならないほどオイル漏れが発生します。

オイル漏れはエンジンヘッドカバーやオイルパンのパッキン、オイルフィルターパッキンなどから特にい多く発生します。

新車ならオイル漏れはしばらくの期間大丈夫でしょ?
なんて安心はできません。

輸入車のディーラーでは納車前点検をしますが、そのときにすでに重度のオイル漏れを起こしている車両を目にすることがあります。

もちろんオイル漏れを修理してから納車されるわけですが、新車の状態でオイル漏れがあるなんて国産車ではまずない現象ですので、この話をディーラー整備士から聞いたときにはビックリしました。

オイル漏れは放置しておくと漏れ出したオイルがハーネスやコネクター類に付着して機器類に不具合を起こします。

オイル漏れが原因で電気機器が故障するのも輸入車がよく『電気系統が弱い』と言われる所以になっています。

スポンサー検索

BMW壊れやすい部品【パワーステアリング関係】

年式の古い輸入車は油圧パワーステアリングを採用している車種が多く、オイル漏れが多い場所になっています。

主にステアリングオイルのリザーブタンクの接続ホースからのオイル漏れが多く、ホース交換で対処できないときはリザーブタンク本体ごとの交換が必要になってきてしまいます。

パワーステアリングオイル漏れを起こした車両はハンドルを切ったときに『ギューギュー』っと異音がなります。

パワーステアリングオイルの流れるホース内やステアリングラック本体の中にエアが混入してしまい異音を発生させてしまっているのですね。

スポンサー検索

BMW壊れやすい部品【足回り関係】

足回りの部品特にブッシュ類やショックアブソーバー本体からのオイル漏れも多い事例です。

輸入車はドッシリとした安定感と軽快なハンドリングが楽しめる車種が多いですが、その運転を可能にしているマウントやブッシュ類には大きな負担がかかっているのでオイル漏れも多くなってきます。

ブッシュ類は単品交換ができる場所もありますが、場所によってはブッシュ類が付いている部品本体を丸ごと交換しないと駄目な場所もあるので交換費用が高くなりがちです。

輸入車の整備代が高いと言われるゆえんはこういった【部品一式交換】が必要なケースが多いのも原因の一つなんですね。

スポンサー検索

BMW壊れやすい部品【エンジンベルト類】

ベルトは硬質のゴムでできていますので年すとともに劣化してきてやがてひび割れてきてしまいます。

ベルトの劣化は国産車でも同じように発生しますが、輸入車の場合ベルトの他にベルトを支持しているベアリングやローラー部分からオイル漏れが発生しやすいです。

ローラーの軸に当たる部分にパッキンが使われているのですが、このパッキンからオイル漏れが多く発生します。

しかも輸入車は国産車に比べベルトを多く使っている車種が多くクランクプーリー(ローラー)に掛かる負担も大きいようですね。

スポンサー検索

BMWで交換工賃が高い消耗品部品【ブレーキパッドとディスクローター】

輸入車はブレーキパット交換時にディスクローターといわれる円盤状の部品を交換する必要があります。

ディスクローターとはブレーキパッドが挟み込んでる丸い鉄の板で、ブレーキパッドの半分くらいの速さで摩耗していきます。

国産車ではディスクローターを交換するのは10年以上乗った車くらいですが、輸入車は早い人で2回目の車検時には交換が必要になってきます。

ディスクローターの厚さがなくなり、ブレーキパッドの残量も限界に近くなるとブレーキを踏んだときに、パットディスクセンサーがディスクローターに当たり【キッー!】と音がなるので早めの交換をオススメします。

BMW交換部品のまとめ

BMWをはじめ輸入車は国産車にない独特の故障や部品交換が必要になってきます。

一昔前に比べれば輸入車も故障が少なくなったと言えますが、いざ故障や整備をすると思いがけない高額な整備代金がかかってくるのは変わりありません。

輸入車の交換部品には原産国から買い付けるためにかなりの税金が乗っかっています。

同じような部品でも国産車よりも輸入車の交換部品のほうが高くなる原因の1つです。

整備も国産車よりも手間がかかることが多く、ディーラーや整備専門店も日々最新の診断機などを本国から買わないと整備が出来ないので、どうしてもその分整備費用に金額が乗っかってきてしまいます。

あまりにも高価な整備代金と部品調達の時間がかかるようなら売却して、次の輸入車を探したほうがいい場合があります。

インターネットなら無料で即日できる買取見積もりがありますので、故障診断している間に一度あなたの車がどのくらいで売れるのか見ておくのもいいと思います。

輸入車専門の無料買取査定の公式サイトを記載しておきますので是非試してみましょう!

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。