スバル

家族5人でスバルフォレスター!エクストレイルやCX-8よりも遊び心が満載!

高い運転姿勢と、大柄な車体で男らしさを満喫できる人気のSUVフォレスター!
ミニバンにない居住空間の良さと、外観のカッコよさが男心をクスグリますね!

その人気のSUVの中でも1、2を争う人気の車種スバルフォレスター
現行モデルの5人乗りのおすすめポイントをご紹介します。

  • 現実的な価格は初めてのSUV選びにも安心
  • ミニバンよりもアクティブに使えて使う楽しさがある
  • 現行フォレスターの人気モデルと中古相場

以上の点をピックアップしております。

購入前の参考にしてもらえると嬉しいです!

スポンサー検索

フォレスターは4家族で乗れるオススメSUV

SUVとは【スポーツ・ユーティリティ・ビークル】の略で
日本語だと運動できる使い勝手の良い乗り物!っといった車です。

ここでSUVがお父さん世代に人気の理由が1つあります。
日々の使い勝手の良さとアクティブな場面でも頼れる1台に仕上がっているのがフォレスターが家族に人気の理由ですね。

ファミリーカーで人気の車にミニバンが支持されているポイントは
室内空間の広さとシートアレンジなどで乗車人数に応じた臨機応変な
乗車スタイルが女性(ママさん)にも簡単に出来るところが人気です。

ミニバンの上記のポイントはもちろん使い勝手が良い!
というところですがフォレスターにはお父さんにとって使い勝手が良い装備や運転感覚があるんです。

ではどんな装備がフォレスターを家族で使う時に便利なのか?
ママだけでなくお父さんも満足するファミリーカーなのかポイントを紹介します

スポンサー検索

フォレスターは運転が楽しくなる仕組みがいっぱい!

マルチインフォメーションディスプレイ付きイルミセントメーター

ミニバンは車内の雰囲気が落ち着いた印象のものが多いです。
特にセンターメータ周りは意外なほどシンプルなものがたくさんあります。

ミニバンの利用ユーザーに若いお母さん世代が多くあるので
メーターや内装の作り込みよりも、実用性を重視した視野性のいいモデルになっています。

普段何気なく載っている分には申し分ないですが
アクティブなお父さん世代がドライブの楽しめる車を望んだときにチョット物足りなさが出ちゃいます。

SUVは内装の作り込みにこだわったものが多いです!

特に最近のスバル車は内装の進化が素晴らしく
一昔前はオーソドックスなメーターとセンターコンソールの組み合わせで
逆にスバルってこういう車作るよねという印象でした。

現在はデザインにかなり力を入れていて
メーター1つとってもいつまで見ていても飽きないようなデザインを採用しています

ドライブに出かけるたびにフォレスターのメーターを見るのが楽しみになってきます!

新型フォレスターの車内・メーター周りをCX-8と比較

この画像では少し見づらいですがメーター周りはそこまで大きな変更点は無いようですが

スバル車らしいデザインは残しつつ、使いやすく飽きの来ないデザインは家族で長く使う事を考えたときに重要なポイントですね!

車内のクオリティは最近のスバルデザインの流れを受けて洗礼された車内レイアウトとデザインになっています。

見やすい画像がなくて申し訳ないですが
同じクラスのマツダCX-8のメーター周りです。

外装デザインはフォレスターよりも優雅で美しいラインを作っているマツダですが、メーター周りは思いの外シンプルな作りです。

人によっては全体的に派手目なのがSUVの特徴でもあるので、すこし物足りなさを感じるのではないでしょうか?

フォレスターの遊び心!ウェルカムライティング

外車での採用は結構多いのですが、日本車ではコストが掛かることやココまでの装備はいらん!と思われているのかあまり採用されていません。

しかしスバルは頑張りました!

これが付いているからといって燃費が上がるわけではありませんし、直接性能が上がるわけではありません。

しかしこの装備はフォレスターオーナーの満足度を高める装備であり、これからフォレスターを買おうと思っているあなたが気持ちよく乗車できれば大成功な装備なので自己満足でOKなのではないでしょうか!?

2018年フォレスターライト

2018年新型フォレスターのフロントライトですが
2017年モデルから大きな変更はなく、流行りのアイラインを特徴とした街乗りにも似合うSUVを印象つけるデザインを継承していますね。

スポンサー検索

フォレスターとエクストレイル比較 運転して楽しいのは?

フォレスターのライバルに日産のエクストレイルがありますが
【運転を楽しむっ!】というポイントに注目してみるとどちらが優秀なのか?

  • 走りの力強さや雪道などのそうは性能はスバル独自の4WD機能が活かされているのでフォレスターが優秀!
  • キャンプや海水浴場、プールに泥遊び!?など外でアクティブに遊んだ後にそのままの格好で乗り込んでも撥水シートのおかげで汚れが着きにくく掃除がラクなエクストレイルが優秀!
  • お値段はエクストレイルの方がやや高いが、それぞれの装備やエンジン性能を比べれば微々たるところなのでドロー!

フォレスターもエクストレイルもそれぞれ優秀なファミリー向けSUVですが
運転する楽しさも味わえるのはフォレスターが一前上手といった感じですね!

スポンサー検索

現行型フォレスター5人乗りから7人乗りへかわるのか?

先日ロサンゼルスモーターショーで【アセント】と言われる7人乗りモデルのSUVがスバルから発表されました!


中でも濃厚な説はエクシーガをベースにした7人乗りモデルへの変更です。

これが時期フォレスターとして登場するのではと噂されています!

お子さんが生まれるとどうしても荷物がたくさん詰めて、シートアレンジの多いミニバンモデルが真っ先に頭に浮かびますが、実はそうでないお父さんも沢山いるんです。

ミニバン以外でお父さんが選びたいファミリーカーで上がっていたのがSUV(スポーツユーティリティビークル)なんです!

新型フォレスターが7人乗りで発売されれば
フォレスターの外観と使い勝手はそのままに乗車人数が2人増え

荷物の搭載性や車内の広さが格段に上がり子供とのお出かけで多くなりがちな荷物や
休日のゴルフに行くためのバックなども余裕で載せることができちゃいますね!

スポンサー検索

人気の7人乗りSUVが購入しにくい訳とデメリット

現行のフォレスターは5人乗りモデルですが家族構成や荷物の多いときなどは7人乗りのほうが便利なときも多いですよね?

でも7人乗りのSUVがあまり流行らないのには簡単な理由があります。
それは【価格】です

5人乗りフォレスターは300万円から選べますが、
7人乗りのSUVは高級志向が強く400万円台から選択しないと中々使い勝手のいいモデルがなく、しかたなくワンボックスカーを選択するユーザーが多くなります。

7人乗りモデルのSUVが非常に少ない価格の敷居が高い

SUVモデルと位置づけられている車は、装備品はもとより構造自体が非常にコストのかかる構造をしています。

大柄な車体をキビキビ動かすには大きな力を出せるエンジンが不可欠です。
そうすると車の性能を良くするために必然的に車の値段は上がります

装備品も充実しているモデルが多く、本革シートや最新の電装装備品なども大型の高級車に先ず採用されるケースが多いようです。

現行5人乗りフォレスターが人気な理由は中古車が豊富!

手の届く価格で高性能なSUVが手に入る!フォレスターの強み!

SUVの7人乗りモデルは現状非常に高価で元から予算のある人であればレクサスの【LX】やトヨタのランドクルーザーなど軒並み500〜800万超のクラスになってきてしまいます。

そこでリアルにファミリーカーとして活躍でき、機動性、積載性、価格帯、などから考えるとフォレスターなんです。

7人乗りの自動車でも多くの場合、人はめいいっぱい乗っても5人でそれプラス荷物というパターンが非常にあります。

それならいっその事、最も頻度が高いであろう3人乗車プラス荷物のパターンの時に最大限の性能を発揮できたほうが、使い勝手が良くないですか?

わざわざ狭くなってしまった社内で窮屈になりながらせっかくの旅行も着くまでにヘトヘトなんて考えただけでも効率が悪すぎだと思います。

価格帯も重要で、スバルフォレスターは標準的なモデルでEyeSightが付いたモデルでも300万円代です!

ランドクルーザーを考えてみて下さい、、、所有欲が満たされる気持ちはわかりますが、車は家族や他の同乗者と楽しく安全に目的地に着くことが1番の目的であることを忘れてはいけませんね!

高級車はステータスもあり所有力を満たしてくれます。
しかしあなたの使う用途と無理のない予算から考えれば、このスバルフォレスターは丁度よい選択筋になるはずです!

フォレスターの中古は【2.0i-L EyeSight】が大人気!

新車でも大人気のフォレスターですが、中古車でもその人気は衰えていません!

人気のグレードはスバルの運転支援システムEyeSightを装備している
【2.0-L EyeSight】が人気です。

EyeSightは前方の危険を予知し歩行者や自転車まで認識して危険を回避できないと判断すると自動でブレーキを作動させてくれます。

他にも走行車線をはみ出しそうになると自動でハンドルを修正してくれる支援システムも付いており、未来に感じていた自動運転の車はもう誰でも手に入るところにまで来ています。

まとめ

7人乗りSUVに新型が控えているフォレスターと、シチュエーションによっては現行型でもファミリーカーとして使い勝手の良い家族向けSUVなのがフォレスターのポイントです。

現在EV【電気自動車】が増えてくる時代ですが、スバルはSUV市場に電気自動車を投入できるのでしょうか?

今現在日本への導入は未定のようですが、ランドクルーザー級が売れているのを考えれば例え電気自動車でなくても、スバルの大型SUVとして受け入れられる器はありそうですね。

参考サイト:https://www.subaru.jp/forester/forester/

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!

 

ABOUT ME
TAKA
元自動車整備仕上がりの車営業マンがあなたにあった車をポイントごとにお伝えします。 車を乗る時に知っていると役立つ豆知識なども随時更新していきます。