自動車マメ知識

スタッドレスタイヤを真夏も履いたままで大丈夫?中古でもいいから適切なタイヤ交換が安全性を高める!

ゴールデンウィークにスタッドレスタイヤから夏タイヤへの履き替えを忘れたままだけど、このまま一年中履いてても大丈夫だろう!こんなタイミングにあっているひとも多いのではないですか?

スタッドレスタイヤは雪もしくは氷の上を可能化限り安全には走行できるように作られたタイヤであって、夏の焼けるようなアスファルト路面ではタイヤと同じような安全性は到底発揮できないですよ!

この記事では以下のような問題がある方にオススメの記事です。

この記事のポイント一覧
  • スタッドレスタイヤの夏場の使用例
  • スタッドレスタイヤの寿命
  • オールシーズンタイヤの使い勝手
  • 中古タイヤが安く買える情報

以上の内容をお伝えする記事ですのでご参考になれば幸いです。

良質な中古タイヤとホイールのセットが探せる今注目のサービスがあります!

急な雪でどこにいってもスタッドレスタイヤが無いときは中古タイヤでも厳選したものなら十分効き目がありますので試してみてください!

中古タイヤとホイールセットが探せる公式ページはこちらからクリック!

スポンサー検索

スタッドレスタイヤはゴムの硬さで性能が決まる

スタッドレスタイヤと夏タイヤの最大の違いはゴムの硬さにあります。

スタッドレスタイヤは凍った路面や雪道でもハンドル操作が出来るように特殊な柔らかいゴムを使っているんですね。

柔らかい特殊なゴムは氷や雪で凸凹した路面を的確にグリップし、タイヤの間に挟まった水をタイヤの外の吐き出すことで雪道での安定した走行性能を発揮できる仕組みになってます。

その他にもスタッドレスタイヤは夏タイヤよりも溝が多くあり溝の深さも違うのが特徴です。

スタッドレスタイヤはたくさんある溝で雪の路面との摩擦面積を増やしてグリップ力を高めます。そうすることでスリップを抑制できます。

溝の深さも同じ原理です。スタッドレスタイヤの深い溝はタイヤと路面の間の水を外に吐き出しタイヤと路面の摩擦が大きくなるように働いてくれます。

夏タイヤは逆で、乾いた路面での摩擦抵抗をグリップ力を保ちつつ落とすように作られているのでなめらかに走ることができます。

スポンサー検索

夏にスタッドレスタイヤを使うデメリット

夏にスタッドレスタイヤを履き続けることはデメリットしかありません。

ではどんなデメリットがあるのか以下のとおりです。

  • 燃費が悪化する
  • タイヤがバースト(破裂)するリスクが高い
  • ハンドル操作が鈍くなる
  • タイヤの寿命が一気に短くなる
  • ブレーキ制動距離が伸びて止まりにくくなる危険性
  • 高速道路の運転はリスクが高い

デメリットの内容を具体的に1つずつ確認をしてみましょう

スタッドレスタイヤによる燃費悪化

スタッドレスタイヤは特殊なゴムの性質で柔らかく、重量があるので燃費悪化をまねきます。

スタッドレスタイヤは路面との摩擦力を高めるために特殊なゴムと構造をしているので乾いた路面だと必要以上のグリップ力がエンジンの負担になり進むためにより多くのパワーを使うことになります。

するとスムーズに車が動くためにエンジンは必要以上の力を出そうとするので燃費悪化につながるわけですね。

タイヤのバーストするリスク

スタッドレスタイヤはゴムが柔らかいのでちょっとした亀裂や、年数による劣化で破裂しやすいことがあります。

とくに急性同時や、急ハンドルなどタイヤに大きな負荷がかかった時にタイヤが耐えきれなくなり最悪バースト(破裂)する原因となります。

スタッドレスタイヤによるハンドリングの低下

タイヤサイドウォール画像

スタッドレスタイヤのサイドウォールは夏タイヤに比べ分厚く柔らかいので、旋回時などタイヤの横に負荷がかかった場合張りがなくフワフワしたようなハンドル感覚になります。

適用適所を守らないとタイヤ寿命がはやまる

夏のアスファルト路面は目玉焼きが出来るほど高温になります。
スタッドレスタイヤのゴムは柔らかい作りと摩擦を増やす構造をしているので摩擦が多く高温になった路面に長時間さらされると一気に減りが早まります。

その他にも紫外線や水分が多くつくことで劣化が促進されゴムが固くなりスタットレスタイヤの寿命が短くなってしまいます。

ブレーキ性能は夏タイヤが最強

スタットレスタイヤは細かい溝がありブレーキ時の力に負けて変形してしまいます。そのため夏タイヤに比べてブレーキの制動距離が長くなってしまいます。

高速走行は夏タイヤでないとリスクが高い

スタッドレスタイヤは路面の水を掻き出す能力に優れますが、高速走行ではそれが仇となりハイドロプレーニング現象を起こしやすくなってしまいます。

スタッドレスタイヤのゴムは柔らかく変形しやすいので高速走行中に水たまりに入ってしまうと水圧に負けて変形した溝は水を掻き出せなくなりタイヤが路面から浮いてしまいコントロールができなくなってしまいます。これをハイドロプレーニング現象と言います。

スポンサー検索

スタッドレスタイヤの寿命は溝とゴムの硬さで判断できる

スタッドレスタイヤの寿命の見分け方は溝も大切ですが、1番はゴムの硬さです。ゴムが固く劣化していたらスタッドレスタイヤとしての性能は著しく低下しているので即交換をしたほうがいいですよ!?

タイヤの寿命確認
スポンサー検索

スタッドレスタイヤのまま夏の車検は合格できるの?基準は溝の深さで決まる

タイヤスリップサインの場所

車検時に夏タイヤの溝が少ないから一時的にスタッドレスタイヤで車検を通すことがありますが違法ではありませんし、車検は問題なく合格できます。

車検を合格できるタイヤの基準は溝の深さが1.6mm以上あることです。

図のような状態だと車検はパスできないでしょうね。。。

冬タイヤは試用期間が短いので溝が多く残っていやすいですが、車検が夏場で雪なんか降らないような時期ならば、車検が終わったらすぐに夏タイヤに交換をして走行することが1番安全な対策です!

スポンサー検索

オールシーズンタイヤの使い勝手はイマイチの理由

オールシーズンタイヤは夏タイヤと同じようにアスファルトの上を走れて雪道でもある程度の性能を発揮してくれるので東京や年何回か少しだけ雪が降るような地域の車に適したタイヤです。

しかし晴れも雪も走れるということは悪く言えばどっちの道も専用ではないので100%のタイヤの力を発揮することが出来ないとも言えます。

冬場であれば路面が凍結することもあり、スタッドレスタイヤであれば想定されたことなのでしっかりとグリップしてくれますが、オールシーズンタイヤは雪道はある程度得意でも凍りついた路面にはとても弱いです。

晴れと雪の両方で走れるように改良したタイヤであるがゆえに極端な路面状況には対応しきれないというのがオールシーズンタイヤをおすすめしづらい理由です。

高価なタイヤはホイール付きタイヤセットで賢く買って安全に!

車検時に溝がないから一時的に冬タイヤもしくは夏タイヤで車検をするときがありますが、車検が終わったらすぐに時期に適したタイヤに交換することが安全面からも大切です。

しかしSUVなどの大型タイヤは夏用冬用共に価格が高く、軽自動車に乗っていてできるだけタイヤ代を安くしたいなど、タイヤ交換には高額な費用がかかるため躊躇してしまうことが多いです。

タイヤだけならまだしもホイールもセットで必要となれば価格は倍以上かかります。

そんなときは新品のタイヤホイールではなく中古のタイヤホイールセットを試してみてはいかがでしょうか?

新品に比べ価格が半値近いので高価なタイヤでも安く交換することができ、経済面・安全面どちらをとってもリスクが減りますよね!

欲しいサイズのタイヤを入力するだけで厳正に管理された中古タイヤを調べられるサイトをご紹介しておきますので是非参考にしてみてください。

参考リンク:トーヨータイヤ  ブリヂストンタイヤ

新車を値引き額よりさらに30万安く買う意外な方法

欲しい車が有るけど予算が足りない、、、

後少し安くなれば月の支払いが楽になるのに、、、

値引き交渉で営業マンと話すの疲れたな、、、

買取を比較しに出かけるのはめんどくさい、、、

新車購入を前にこんなことで悩んでいませんか?

せっかく新しい車を買うのに気持ちよく買えないのではなんだか気分も悪いです。

家族にお金を借りるのもなんだか気が引けますよね?

そんな時に新車値引きからさらに30万円も安く車を買える簡単で意外と見落としがちな情報をご紹介します。

下取り査定はしないで必ず買取査定サイトで車を売る!

車は下取りではなく必ず一括車査定サイトで売りましょう!

ディーラー下取りはどんなに人気の車でも下取り価格はとっても低いんです。

でも買取専門店は車の本当の価値を見抜いて査定してくれるので、買取価格が20万〜80万もアップしたなんてことは当たり前です。

あなたの愛車を全国で買い取りたい人に見てもらうので、買取価格の競争が起きて値段がグンッと上がる仕組みなんです!

査定は無料なので下取りで損する前に一度試してみませんか?

最新の自動車査定はスマホで写真を撮って送るだけ!?

  • 営業電話なし!
  • 面倒な情報入力なし!

査定したいと思った瞬間にすぐできる最新スマホ自動車査定を試してみる!